いぐあなとうふ店:きまぐれ文筆&情報ブログ byいぐあな豆腐

いぐあな豆腐の、しがない個人ブログです。お豆腐は売っていません。

MENU

【設定メモ】まどか「魔法少女まどか☆ライジング!」

【昔書いたSSシリーズ(2012)】

まどか「魔法少女まどか☆ライジング!」の執筆当時の設定メモです。

 以下、原文まま。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

設定メモ

・ゾンビ、アウトブレイクはDR2の世界観ほど広がって(知られて)いない
・一部の人間(割と多い?)には知るものもいる
・特にネバダ州とコロラド州には多い(ウィメラッテ事件とラスベガス事件のため)
・ゾンビ化の症状については、遺伝子関係の疾病とされている(政府の嘘)
・”真実”を知る者はごく一部。疾病に関しては大々的に報道されず、インターネット上のオカルト的な報道だけに留まる。
・ケイティーは感染している。チャックは遺伝子病として認識している。
・ゾンブレックスは普通の医薬品店には置かれていない。”関係施設”が近い場所の薬局等のみに置かれている。
・ゾンブレックスは裏メニュー的な薬。展示はせず、大抵はバックヤードに保管されている(普通に)。
・それら薬局を運営するのはフェノトランス。従業員もすべてフェノトランスの社員である。
・薬が必要な人はフランクうぇstらから始まった口コミが広まり知っている
・TKを初めとする本来のキーマンたちも存在している。(描写はしないと思う)平行線でチャックたちのケースも進行する(一部省略、または設定にあわせて改変)

 

真相について


フォーチュンシティは仁美の父の会社が運営している。表向きの顔は”ショッピング&レジャー複合型のリゾート施設”。
実際は、ラッセル=バーナビー博士のクローン牛技術を応用した”人間クローン化技術の研究所”。

このプロジェクトには仁美の父の会社他、アメリカ政府・フェノトランス社も参加している(政府はプロジェクトの主催者を仁美の父の会社としている。もちろんPは極秘)

アメリカ政府は軍事技術への転用のため、フェノトランス社はクローン牛と同様の副産物であるゾンビ化の治療薬の販売促進のため、それぞれ参加している。
※フェノトランス社はDR2オリジナルと同じく、地下施設を設けてある。

仁美の父の会社は元々、クローン研究施設にする予定はなかった。フォーチュンシティの運営がうまくいかず経営難になっているときに施設に目をつけたフェノトランス社とアメリカ政府に
たぶらかされてプロジェクトに参加した。その後、政府とフェノトランスからの資金援助と政府の工作によりフォーチュンシティは一躍、合衆国で一二を争う人気施設となった。

仁美はこのプロジェクトについて、旅行前から知っている。知った当初は父を激しく非難したが、上条恭介(のクローン)を自分のものにすることに目がくらみ父に協力してしまう。
※恭介とさやかはかなり親密な関係(恋人ではない)で、仁美はそれに嫉妬している(嫉妬すべきではないと思ってはいる)※実際、恭介にはさやかに対する恋愛感情はない
初めから登場している仁美はクローン。脳内にはチップが埋め込まれていて、計画通りに事が進むように行動するプログラムが組み込まれている。
仁美(サイコパス)は今回の旅行で、さやかを亡き者にしようと企んでいる(恭介本人がさやかのことを好きと思い込んでいるため。※オリジナルの上条恭介への執着)


・本家本元の黒幕はQB。仁美の父の会社とウィメラッテの後継研究所を探していたアメリカ政府を結びつけた。
※本来なら研究所はネバダ州のエリア51内になる予定だった(ウィメラッテ以降の情報拡散がこれ以上広がるのを恐れたため)

・QBの目的はクローンで少女を量産することで無限に魔法少女を作り出すこと。
※QBはほむらの時間遡行能力を知っている。


しかしQBの計画は失敗に終わる。それは少女たち、すなわち人間、極限状態下での人間の精神の変貌を正確に把握していなかったためである。

 


死ぬ順番・死因

1.マミ←気が狂う。自殺?。マミキチとマミられ要素も入れたい。

2.仁美←ご本人登場ですでにキチガイ。ゾンビ化恭介クローン(複数)に食われる(エロチカ)。ゾンビ化はしない?

3..さやか←気が狂う(正気を取り戻す?×)。ゾンビに食われる。ゾンビ化。杏子と一緒に手榴弾で爆死。

4.あんこ←さやかを道連れに手榴弾で自決。

(5).まどほむ←具体的な致死描写ナシ。消息不明になる。どちらかが噛まれる?(抗体?)。ENDで消息不明の説明的なもの。

補足事項-杏子~まどかとほむらを逃がすために囮か防衛線を張る。しかし銃のトラブルで失敗。「ちくしょう・・・神様・・・」。ゾンビに押し倒されても素手で抵抗して善戦。しかしゾンビさやかを見て戦意喪失。死因へ。
       ※まどかとほむらは杏子を助けようとゾンビを倒し続ける。杏子に呼びかけながら。しかし手榴弾の爆発でほむらがすべてを悟る。


・OVERTIME-ほむほむとまどかが生き残ってる。場所はFCITYから少し離れたドライブイン。まどかは噛まれている。二人は研究施設に治療のため戻る。しかし、施設のドアトラブルでまどかはゾンビ部屋に閉じ込められる(死亡、声の描写)。ほむら絶望しかける。だが持ち直す(ループを決める)。ほむらはQBの計画を挫くことを思いつき、ゾンビ蜂とマイクロチップを1セット入手する。そしてループ。THEFACTへ・・(CASE0挟む)


・CASE0-主に「さやか、恭介、仁美」の三角関係。フォーチュンシティ完成から仁美が過ちを犯すまでのお話。ループに合せてやや一ヶ月前の物語。


・THEFACT-ループしたほむらが計画実行の前のQBにゾンビ蜂とマイクロチップを埋め込んで星に送り返す。QBたちはアウトブレイクにより壊滅。また、仁美の凶行を防ぐため、さやかと恭介をの仲を悪くしようとするが、恭介本人がさやかに恋愛感情を持っていないことを知り、放置する。
ほむら「何年後かわからないけど私のせいで宇宙が滅びる。でもそれは途方もなく先のことですでに地球はないかもしれない。私は今と友達を大切にする。
ほむらは杏子、マミと共にすべての魔女を葬ろうと結束する(杏子はノリ、マミは正義の目的)。END

 

~ おまけ 「CASE WEST」 ~

ゾンビ「アァァァァ・・・」
ゾンビ「グゥゥゥゥゥゥ・・・」
ゾンビ「グルルルルル・・・」

まどか「ど、どうしよう・・・!このままじゃゾンビに食べられちゃう!」オロオロ...

ゾンビ「キシャァァァァァァ!!」

まどか「ひぃぃぃぃぃぃぃっ!!」ビクビク...

   BANG!BANG!BANG!

ゾンビ「ゴバァッ!?」バタッ!
ゾンビ「ギャァァァ!?」バタッ!
ゾンビ「ンガァァァ!?」バタッ!

まどか「・・・」ビクビク...

まどか「ふぇっ・・・?」

ほむら「フゥ・・・」スタッ...

 


ほむら「・・・」ファサッ...

まどか「あ、あなたは・・・?」

   パシャッ!

まどか「ふぁっ!?」ビクッ

ほむら「ギミユァスマイル!」パシャッ!

まどか「な、なんで写真撮るんですか・・・!?」ビクビク...

ほむら「フアアアァァァァァアアンタスティック!!」パシャッ!

ほむら「エロティカ!エロォティカッ!!」ホムホム!ホムホム!

まどか「ひっ!?な、なにしてるんですかぁ!スカートの中いやぁッ!///」

ほむら「フゥアアアアァァァァァァァァアアンタスティック!!!」パシャシャシャシャシャシャシャシャッ!

まどか「ひっ、ひどい!こんなのってないよ!もうお嫁さんに行けないよぉ・・・」シクシクシクシク...

ほむら「スィユゥオンナルゥフッ♪」タッタッタッ...


Loading...Loading...


(了)

[←いにしえのSS保管庫に戻る]