いぐあなとうふ店:きまぐれ文筆&情報ブログ byいぐあな豆腐

いぐあな豆腐の、しがない個人ブログです。お豆腐は売っていません。

MENU

【二次創作SS】ほむら「あれはマーミネーター!未来の殺戮マシーンよ!」

【昔書いたSSシリーズ(2013)】

※魔法少女まどか☆マギカ及びターミネーターの二次創作SSです。悪ふざけが過ぎた思い付きの一発ネタでしかない。未完です。微エロ注意。

あらすじ

 まどかを抹殺するため、未来の世界から送り込まれた恐ろしい殺戮マシーン「マーミネーター」。同じく、未来からまどかを救いにやって来たほむほむ。ロサンゼルスの夜が血に染まる!!(本文-約10,000文字)

 

 以下、原文まま。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  ~ 深夜 住宅街 ~   

さやか「何もかもが許せない何もかもが許せない」ゴゴゴゴゴ...

杏子「お、落ち着け・・・あんたはもう見るなって・・・」

杏子「どれどれ~?」ノゾキ...

【恭介「///」ギシギシギシ!仁美「///」アンアンアン!】

杏子「かぁ~・・・盛ってんなぁ~あいつら・・・///」

マミ(全裸)「・・・」ヒタヒタ...プルンプルン...

さやか「ぶっ!?」

杏子「ん~?なにさ・・・ブーッ!?」

マミ「・・・」ピタプルン...

 

さやか「あ~・・・え~・・・」オドオド...

杏子「なんだよこいつ・・・」

マミ「・・・」

さやか「さ、散歩には良い夜ね・・・」ニガワライ...

マミ「散歩には良い夜ね」

杏子「あんた、服は?着るもんないわけ?」

マミ「着るものがない。そうよ」

さやか「なにこの人wwwちょっと頭おかしいんじゃないのwwww」ゲラゲラ

マミ「あなたの着ている服を・・・こっちに渡しなさい。早く!」

さやか「はぁ!?ふざけんじゃないわよ!このあばずれ女ッ!」シャキーン!

杏子「お、おいさやか・・・」

 

マミ「・・・」ブンッ!グチャアァァッ!

さやか「かはッ・・・!?あ゛っ・・・ア゛ッ...」ビクン...ビクン...

杏子「さやかあああああぁぁぁぁぁ!!?」

マミ「・・・」クビカシゲ...ポイッ...

さやか「」ドサッ...

杏子「どっ・・・どういうことだ・・・オイ・・・!」ゾゾゾ...

マミ「・・・」チラッ...

杏子「ひっ!」ビクジョワッ...

マミ「・・・」ヒタ...ヒタ...

杏子「く、来るな!やるよ!服でもなんでもやるから来るな!チクショウッ!」ヌギヌギ...

 


~ 同刻- 市街地 路地裏 ~

俺「あ~あ・・・いつまでこんな所でホームレス生活が続くんだろう・・・」

ビュォォォォォ・・・ビリビリッ...バチバチッ...

俺「なんぞ」

ビリビリビリビリ!バチーンッ!ドサッ!

ほむら「くぁっ!?くぅ・・・」モゾモゾ...

俺「うはwww裸の美少女が空から降ってきたwwwww」

ほむら「っ!///」カクシカクシ...

俺「お嬢さん?寒いでしょう?ささ、こちらへおいでなさい」キリッ

 ドスッ!

俺「オゥフwwwwwデュクシwwwデュクシwwwww」ノタウチマワリ...

 


ほむら「・・・こっちを見ないで///」ヌガセヌガセ...

俺「アッwwwwおやめになってwwwい、意外と積極的なのね・・・?///」ポッ...

ほむら「黙りなさい・・・!」ハキハキ...

警官「おい・・・なんだありゃ!?」

ほむら「!!!」

俺「あっ!おまわりさんこのひとです!この人が俺の大切な一張羅脱がせて盗もうとするんです!!助けてください!!!ああああああああああああああああ!!!!!!!!!」ワメキチラシ...

ほむら「くっ・・・!」タッタッタッ...

警官「おい待て!止まれー!」タッタッタッ...

俺「・・・寒い」ブルブル...

 

ほむら「はっ・・・はぁっ・・・!」タッタッタッ...!

警官「動くな!」タッタッタッ...!

ほむら「ちぃっ・・・!」カクレ...

警官「はっ・・・はぁ・・・はぁ・・・?」タッタッ...タッ...

 シーン…

警官「・・・何処だ?」スタ...スタ...

ほむら「・・・ふんっ!」ガッ!

警官「うぉっ!?」ドテッ!

警官「くそっ!」スチャッ!

ほむら「!」ササッ!ガシッ!

 ドキュゥン!

 


ほむら「はっ!」ドスッ!

警官「うぐっ!?」

ほむら「・・・!」ウバイトリ...スチャッ!

警官「ま、待て!撃つな!」ハンズアップ!

ほむら「はぁっ・・・今日の日付は・・・?」

警官「ご、5月、12日、木曜日・・・」

ほむら「西暦何年っ!?」

警官「・・・?」キョトン...

 ウゥーッ!ピロロロロロ!ウゥーッ!バタン、バタンッ!

ほむら「ちっ・・・!」タッタッタッ...!

警官b「大丈夫ですか!?」

警官「銃を盗られた!気をつけろ!」

 


~ 翌日 銃砲店 ~

マミ「12ゲージ、オートロード」カチャッ...ジャキーン!

店主「イタリア製です。手動でも使えるよ」ゴトッ...

マミ「・・・」カチャカチャ...

マミ「・・・レーザー照準付きの45口径」

店主「ああ、入荷したばかりの製品さ。これは良いものだ、コンパクトなのに元のモデルより頑丈にできている」ゴトッ...

マミ「・・・」スチャッ...チキッ...

店主「引き金に触れると、赤いビームが出るから、そこを狙えば百発百中さ」

マミ「・・・」カチッ!

店主「他には?」

マミ「フリントロック式のライフルドマスケット。エングレーブで装飾されているものを」

店主「そいつはもう置いてないねwww」

マミ「・・・ベレッタM12サブマシンガン」

店主「ずいぶんと・・・詳しいね。どれも女性が身を守るには十分すぎる性能だよ」ゴソゴソ...

 

マミ「・・・」カチャカチャ...

店主「で・・・?どれにします?」

マミ「・・・全部よ」

店主「今日はもう閉店だwwwww(歓喜)」

店主「拳銃は登録に2週間かかるけど、ライフルは今日持って帰れるよ」

マミ「・・・」カチャッ、ジャキーン!

店主「ちょっと!?ダメだよ!」

マミ「いいのよ」

 
 バゴォォォン!

 


~ 夜 アパートの一室 ~

まどか「はうぅ・・・仁美ちゃんはいいなぁ・・・今夜も上条君とラブラブかぁ・・・」

仁美「まどかさんだって、すぐに素敵なお相手が見つかりますわ♪」ブォォォォォ...

まどか「いいもん・・・私にはエイミーがいるから・・・ねっ?エイミー」ナデナデ...

猫「にゃー」

プルルルルルルル♪

まどか「おっ?電話電話っと・・・」カチャッ...

まどか「もしもし?」

恭介『まず君のブラウスのボタンを一個ずつ引きちぎる・・・』

まどか「ふぇ・・・」

恭介『首筋を這う僕の舌は、やがてやわらかくてスベスベのバストへ・・・両手でゆっくりと、ゆっくりと君のロングスカートを脱がしていく・・・!』

まどか「ウェヘヘ…ひ、仁美ちゃ・・・多分、上条君から・・・///」ニガワライ...

 


仁美「~♪」ブォォォォォ... ←ドライヤーの音で聞こえてない

まどか(・・・もうちょっとだけ聞いちゃおっと///)ドキドキ...

恭介『おへその周りをぐるりと舐めたら・・・更に下へ攻める・・・っ!攻める攻めるッ!!』

まどか「ぷっwwwティヒww」

恭介『・・・そしてパンティに噛み付いて引きおろすッ!おっwwぴろげ――』

まどか「どなたですか・・・?」

恭介『わわっ!?あぁ~!あーあー!ああwww鹿目さんかな?///』

まどか「ウェヒヒヒwwww」クスクス...

恭介『アハハ・・・ま、参ったな・・・仁美はいるかい?///』

まどか「うんww今、替わるね!」タッタッタッ...

まどか「ティヒヒww変態君からだよっ♪」ワタシ...

仁美「まぁ・・・!?ご、ごめんなさい・・・もしもし?///」

恭介『まず君のブラウスのボタンを一個ずつ引きちぎる・・・!』

 

 

~ 同刻 - 路上 公衆電話 ~

QB「だから、今夜は接待で飲み会だって言ってただろう?今すぐ僕の車で迎えに来てよ!///」ベローン

マミ「・・・」スタスタ...

QB「浮気・・・?はぁ・・・違うって言ってるじゃないか。君はいつだってそうだ。わけがわからないよ///」

マミ「どいて、」グイッ!

QB「ギュピェッ!?」ヨロ...ズデッ...

マミ「・・・」パラ...パラ...

電話『ちょっと、キュゥべえ?どうしたの?ねぇ!キュゥべえ!迎えに行かないわよ!?』

QB「やれやれ・・・君はもう少しマナーをわきまえたほうがいいんじゃないかな?きゅぷうぃっひっく!///」ムクッ...

マミ「・・・!」パラ...

【Madoka Kname adress-******* 0000-00-0000】

マミ「・・・」パタン...

 

まどか「じゃあ、上条君と楽しんでね♪ティヒヒww」

仁美「ええ。まどかさんも♪」

まどか「私は一人で映画だもーん・・・ふーんだ・・・」ガチャッ...

仁美「ふふふwwごめんあそばせ♪」クスッ...

まどか「はぁ・・・」バタン...

恭介「まどかぁー♪」ギュッ!

まどか「ふあああああああああぁぁぁぁぁぁ!?」ビクゥッ!?

恭介「あははっwwww僕だよwwww」ニヤニヤ

まどか「もぉ~っ!上条君のバカぁ!///=3」プンプン!

恭介「・・・わっ!!」オドカシ!

まどか「ひぃっ!?」ビクッ!

恭介「鹿目さんはかわいいなぁwwwwwんーっ♪」チュッチュッ!

まどか「ちょwwちょっとやだぁ!!ひひひ仁美ちゃんに言いつけちゃうよ!?///=3」ジタバタ!

 

~ 数時間後 ほにゃららストリートうん番街 ~

ほむら「・・・」タン...タン...

ほむら「!」

まどか「・・・」スタスタ...

ほむら「・・・」スタ...スタ...

まどか(最近、レイトショー見てばっかで飽きてきたなぁ・・・新しい深夜営業のお店とかできないかなぁ・・・)スタスタ...

ほむら「・・・」スタスタ...

まどか「・・・?」チラッ...

ほむら「・・・」スタスタ...

まどか(女の人か・・・ストーカーとか怖いけど、違ったみたい・・・)ホッ...

ほむら「・・・」スタスタ...

まどか「・・・」スタスタ...スタ...

ほむら「・・・」スタ...

まどか「・・・!?」ビクッ...

 

ほむら「・・・」

まどか(えっ?えっ?あ、あの人・・・まさかストーカーなの・・・!?)ゾクッ...

ほむら「・・・」

まどか「うぅ・・・」スタスタスタ!

ほむら「・・・」スタスタスタ...

まどか「ひぃぃぃ・・・!」タッタッタッタッ...!

 タッタッタッタッ...!

【Disco-テクノブレイク】

まどか(とりあえずあそこに逃げよう・・・!)タッタッタッ...!

 ガチャッ!チリンチリン!

まどか「はぁ・・・はぁ・・・!」ゼェゼェ...

 


ズンズンズンズンドドドズンズンズン・・・♪

まどか「はぁ・・・ふぅ・・・」チラッ...

ほむら「・・・」スドオリ...

まどか「ひっ!」ビクッ...

まどか(・・・行っちゃった?)

まどか(・・・警察に電話したら助けてもらえるかな?)スタスタ...

まどか「あの・・・電話はありますか?」

和子「えっ!?聞こえませんっ!」

まどか「電話はありますか!?」

和子「電話なら奥ですっ!右端と左端にそれぞれ一つずつ!どちらでもよろしい!!」

まどか「ありがとうございます!」

和子「待って!」

まどか「ふぇ?」

和子「入場料は4ドル50セント!ちゃんと払ってくださいっ!!」

まどか「えっ・・・はぅぅ・・・」フホンイ...

 


まどか「はい・・・」スッ...

和子「毎度さま!」

まどか(電話はどこかな・・・奥のほう・・・)スタスタ...

まどか(・・・あった!)

まどか「・・・」ピッ、ピポッパッ...

電話『プルルルル・・・こちらミタギハラ警察緊急電話番号です』

まどか「あっ、あの!」

電話『ただいま込み合っております。パトカーの出動を要請する方はそのままお待ちください』

まどか「はぅぅぅ~・・・!もうっ!」ヤツアタリ!
 
 ガチャンッ!

 


~ まどかと仁美の住宅 ~

マミ「・・・」スタッ...

マミ「・・・」

~~~~~~~~~~

恭介「あぁ・・・///」アヘガオ...

仁美「もうお終いですの・・・?私、まだ物足りませんわ・・・」ウズウズ...

恭介「ごめん・・・少し休ませて・・・///」アヘガオ...

仁美「少しですわよ?んっ♪」チュッ

仁美「・・・少々お腹が空きましたわね。たしか冷蔵庫に残り物が・・・」スタスタ...

恭介「僕も何か食べたいな・・・///」アヘガオ...

仁美「ええ、今お飲み物と一緒に持ってきますわ♪」ナゲキッス...

 


仁美「~♪」ゴソゴソ...バタン

仁美「・・・♪」コポポポポ...

 ガチャンッ!

仁美「きゃあ!?」ビクッ!

猫「にゃー」

仁美「あぁ・・・エイミーさん・・・!」ホッ...

仁美「そんなところに登っていると、まどかさんに叱られますわよ?」ニコッ

猫「にゃー?」

仁美「さて・・・お夜食で精をつけて、第五回戦ですわ♪」ルンルン♪

 


恭介「はぁぁ・・・」グッタリ...

 スーッ…

マミ「・・・」スタ...スタ...

恭介「・・・すぅ・・・すぅ・・・むにゃ・・・」

マミ「・・・?」ピッピッピッ....

マミ(照合中・・・照合中・・・男性。目標以外。推奨される行動 →排除 ×無視) ピッピッピピピピ...ティロロン!

マミ「・・・」ガバッ!ギュゥゥゥ...

恭介「わっ!?ひ、仁美wwwもう少し休ませてくれよwwww」

恭介「・・・あれ・・・なんだか胸が大きくなったような・・・?」モミモミ...

マミ「・・・」ギュゥゥゥゥ...!

恭介「ん゛っ・・・!?こ、これはこういうプレイなのかい?ハハwwち、ちょっと首絞めすぎ・・・」クルシイ...

マミ(応答選択中・・・  →ふざけんじゃないわよ! ×さやかあああああぁぁぁぁぁ!!? ×きゅぷうぃっひっく!)ティロロン!

マミ『ふざけんじゃないわよ!』

恭介「えっ、さや――」

   ゴキッ!

 


  ガチャッ・・・

仁美「お待たせしました♪」

マミ「・・・!」グリンッ!

恭介「」

仁美「ひっ!?」ドクン...!

 パリンッ...

マミ「・・・」スチャ...

仁美「い・・・いやああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ダッ!

マミ「・・・!」チャッ!ダァァンッ!

仁美「ぐぁ!?」ドテッ!

マミ「・・・」スタ...スタ...スチャッ...

仁美「い・・・いや・・・っ!やめて――」

  ダァァンッ!ダァンッ!ダァンッ!ダァァンッ!

 


 プルルルルルルル♪

マミ「!」スチャッ!

電話『もしもし?大変恐縮ですが、これは留守番電話ですの。ピーッという音の後に、お名前とご用件をお願いいたします♪』

マミ「・・・」カチャッ...シュコッ...ジャキーン!

電話『ピーッ!も、もしもし仁美ちゃん!?私!まどかだよ!』

マミ「!?」グリンッ!

電話『今、テクノブレイクっていうディスコのお店にいるんだけど・・・なんだか誰かにストーカーされてるみたいなの・・・!うぅ・・・すごく怖いよぉ・・・』

マミ「・・・」

電話『そ、それでね?上条君と一緒に迎えに来てくれたらうれしいなって・・・警察にも電話してみたんだけど混んでるみたいで・・・』

マミ「・・・!」

【額に入れて飾ってある、まどかの写った写真】

マミ「・・・」ティロロン...

 


~~~~~~~~~~

電話『ストーカーですね?』

まどか「は、はい!そうです!映画館から出て歩いてたら後ろからずっとついてきて・・・」

電話『ストーカーの顔は見ましたか?』

まどか「うんと・・・女の人で、長い黒髪に・・・ちょっと汚い服装だったような・・・」

電話『あなたは女性ですね?』

まどか「は、はい・・・あっ!?で、でもあの女の人はホントに私のことストーカーしてたんです!嘘じゃありません・・・」ウルウル...

電話『わかりました。そちらにパトカーを向かわせますので、人の多い場所から離れずに落ち着いて待っていてください』

まどか「は、はい!待ってます・・・」

まどか「・・・」ガチャッ...


マミ「・・・」スタ...スタ...

マミ「・・・」キョロ...キョロ...

 


マミ「・・・」スタスタ...

和子「あっ!?その人お金払ってません!」

うろぶち「まて・・・」ズイッ...

マミ「・・・?」クビカシゲ...

うろぶち「しょうりゅうけんをやぶらぬかぎりおまえにかちめはない・・・」 

マミ(応答選択中・・・→なにこの人wwwちょっと頭おかしいんじゃないのwwww)ティロロン!

マミ『なにこの人wwwちょっと頭おかしいんじゃないのwwww』

うろぶち「・・・(´・ω・`)」ショボーン...

マミ「・・・」スタスタ...

和子「ちょっと!ちゃんとお金払って!」

マミ『はぁ!?ふざけんじゃないわよ!このあばずれ女ッ!』ティロロン!

和子「」ズコー!

マミ「・・・」スタスタ...

 


まどか「・・・」

まどか「・・・」キョロキョロ...

まどか(まだかなぁ・・・早く誰か来てよぉ・・・)ビクビク...

 ゴトンッ・・・

まどか「ふわぁっ!?」ビクッ!?

まどか「・・・ただ瓶が落ちた音なのに・・・少し怖がりすぎかな?ウェヘヘ…」ヒロイ...

マミ「・・・」ユラー...

まどか「ふぅ・・・」

まどか「・・・?」チラッ...

ほむら「・・・」ジーッ...

まどか「ひっ!?」ビクッ...

ほむら「・・・」ソラシ...

まどか(ど、どどどうしよう・・・!あの人だ・・・!)ビクビク...

 

まどか「・・・」ビクビク...

ほむら「・・・」キッ...

マミ「・・・」キョロ..

マミ「!」ティロロン!

まどか「はぅぅ・・・」ビクビク...

マミ「・・・」スタ...スタ...スタスタ...

マミ「・・・」スタッ...

まどか「ふぇ・・・?」キョトン...

マミ「・・・鹿目まどかさん?」

まどか「えっ・・・」

マミ「・・・」スチャッ...

まどか「あっ・・・?」ドクン...!

ほむら「!!!」スチャッ!ジャキンッ!

 


  バゴォォォォン!ジャキンッ!

マミ「!!?」ヨロッ...

  バゴォォォォン!ジャキンッ!バゴォォォォン!ジャキンッ! ガシャアァァァン!!!パリンッ!

マミ「」バタッ!

まどか「あ・・・ああぁぁぁ・・・!」コシヌカシ...

 キャー!ワアアァァァァ!キャァァァー!!ガシャンガタガタドタバタ!!

マミ「」ピクッ...

マミ「・・・!」ムクッ...!スチャッ!

ほむら「!!!」ササッ!

  バラララララララララララララララララララッ! ガシャァン!キュゥオン!パリンッ!ガシャン!

ほむら「っ・・・!」スチャッ!

マミ「!!!」バララララララララララララララッ!

ほむら「うぅっ!?」ササッ!

マミ「・・・!」バラララッ!カチッ、カチッ...

ほむら「!」スチャッ! バゴォォォォン!ジャキンッ!バゴォォォォン!

マミ「!!?」ドテッ!ズザァァァァァッ!

 


ほむら「はぁ・・・はぁ・・・」ジャキンッ!

ほむら「・・・」チラッ...

まどか「あぁ・・・ひぃぃ・・・」ビクビク...

ほむら「助かりたければ一緒に来なさい・・・」

まどか「えぇ・・・?」

マミ「」ピクッ...

マミ「・・・」ムクッ...

まどか「えっ・・・あ、あの人・・・!しし死んでなっ・・・!」サーッ...

ほむら「早く!!」グイッ!

 

ほむら「走りなさい!」タッタッタッ...!

まどか「はぁ・・・はぁ・・・!」タッタッタッ...!

まどか「はぁ・・・はぁ・・・?」チラッ...

マミ「・・・」タッタッタッ...!

まどか「お、追いかけてくる・・・!追いかけてきてるよ!?」

ほむら「振り向かないで!先にあの車まで走って!」スチャッ!

まどか「ひぃぃぃ!」タッタッタッ!

ほむら「・・・」ジリ...

マミ「・・・」タッタッタッ...!

ほむら「・・・!」バゴォォォォン!

【ガスボンベ】ビシッ!カッ・・・!

マミ「!」

 ドゴオオオオォォォォォォォォォォオオン!!!!

まどか「きゃあっ!?」ビクッ!

 

ほむら「乗って!」ガチャッ、バタンッ!

まどか「あわわ・・・!」ガチャッ...バタンッ!

ほむら「ちっ・・・!」ギューキュッキュッ!ギューキュッキュッ!

まどか「ふぁ・・・?」

マミ「・・・」ユラー....

まどか「あぁ・・・ああぁぁぁ!!ねっ!ねぇっ!生きてる!こっちに来る!!」パニック...

ほむら「落ち着いて!頭を低く!!」ギューキュッキュッ!ブルルルーン!

マミ「・・・!」ボンッ!

まどか「ふわぁぁぁぁぁ!!!!ボンネットボンネット!!!!前のところに乗ってるよ!?早く逃げてっ!!!」

ほむら「わかってる!」バックギア!

 ブゥゥゥゥゥゥゥゥン!

マミ「・・・!」グッ...ガシャァァァァァァン!!!!

ほむら「!!!」
まどか「いやあああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ジタバタ!

 

マミ「何も怖くない・・・何も怖くない・・・」グイッ!グイッ!

まどか「やだやだやだ!!!助けて!いやぁっ!!!放して!!!!助けてぇぇぇぇぇ!!!!」ジタバタ!

ほむら「くっ・・・!」ドリフト!

 キキィーッ!!!!

マミ「!?」ドサッ!

まどか「あぁ・・・はぁぁ・・・はぅぅ・・・」ドキドキドキドキ....

ほむら「・・・」

  ブォォォォォォォォ…

マミ「」

通行人「お、おい!?あんた大丈夫か!?」

マミ「」

通行人「大変だ・・・!救急車を呼ばねぇと!」

 

 

まどか「・・・」

ほむら「・・・大丈夫?」

まどか「ふぇ・・・」

ほむら「怪我はない?」

まどか「う、うん・・・」

ほむら「そう・・・」

まどか「え・・・えっと・・・あなたは・・・?」

ほむら「私は暁美ほむら。ほむらでいいわ」

まどか「ほむら・・・ちゃん・・・?」

ほむら「・・・鹿目まどか、あなたは狙われている」

まどか「えっ・・・」

ほむら「さっきの女、あなたも見たでしょう?」

 


まどか「あ・・・あの人・・・撃たれても死ななかったよね・・・?」ビクビク...

ほむら「ええ」

まどか「爆発して体が燃えてたのに生きてたよね!?」ビクビク....

ほむら「そうね」

まどか「なんなの・・・あんなの絶対おかしいよ!人間じゃない・・・怖すぎるよ・・・!」ビクビク...

ほむら「そう。あれは人間じゃないわ」

まどか「えっ・・・」

ほむら「・・・」

まどか「ほ・・・ほむらちゃん・・・?」

ほむら「・・・車を変える」

まどか「ふぇ・・・う、うん・・・」

 


~~~~~~~~~~

マミ「」

救急隊員A「こりゃあひどい・・・ひき逃げか?」

通行人「ああ!車が一台走ってったぞ」

救急隊員B「火傷・・・?それにこれは銃創じゃないのか・・・?」

救急隊員A「手遅れか・・・くそっ!」

マミ「」ピクッ...

救急隊員AB「!?」ゾクッ...

マミ「・・・」ムクッ...

通行人「こりゃあたまげた・・・!あ、あんた相当なタフだな・・・!?」

マミ「・・・」キョロ...キョロ...

【救急車】

マミ「・・・」ティロロン...

 

~~~~~~~~~~

まどか「・・・」

ほむら「・・・」バチバチッ!ブルルルーン!

まどか「ねぇ・・・どうしてそういうことできるの?」ジトー....

ほむら「やましいことのために覚えたわけじゃないわ。誤解しないで」

まどか「・・・私、帰っちゃダメかな?ルームメイトのお友達が心配してると思うの・・・」

ほむら「ダメよ。今あなたを一人にしたら、必ず奴に殺されてしまう」

まどか「ひ、一人じゃないよ?お友達とその人の彼氏がいるから平気だと思うな・・・」

ほむら「思う?あいつが銃を持ってあなたたちの家に押し入ってくるとしても、そう思えるの?」

まどか「それは・・・はうぅ・・・」ショボーン...

ほむら「・・・ともかく、今は遠くに逃げるのよ。あいつと戦っても勝ち目はないわ」

  ブゥゥゥゥゥゥン・・・

 

 

まどか「・・・」チラッ...

ほむら「・・・」

まどか「ほむらちゃんは・・・どうして私のことを知ってるの?」

ほむら「・・・」

まどか「前に会ったことがあるのかな・・・?」

ほむら「・・・」

まどか「・・・」ショボン...

ほむら「・・・あなたの子供と会ったことがあるの」

まどか「ふぇ・・・?」

ほむら「・・・」

まどか「こ・・・子供ってww」

ほむら「・・・」

まどか「私、独身で結婚してないし・・・も、もちろん!隠し子とかそういのもないし・・・子供はいないよ?」ニガワライ...

ほむら「ええ。今は、ね・・・」

まどか「ふぇ・・・」

 


ほむら「・・・」

まどか「それ・・・どういう意味・・・?」

ほむら「・・・簡単に言うと、私は未来から来たの」

まどか「う、うぇっ!?」

ほむら「それも最悪の未来・・・絶望しかない未来よ・・・」

まどか「・・・」

ほむら「・・・今無理に信じろとは言わない。ともかく、今あなたに死なれては困るの」

まどか「ほむらちゃん・・・」

ほむら「何?」

まどか「あ・・・う、ううん・・・」

ほむら「そう・・・」

まどか「・・・」

 


ピーポー…ピーポー…

ほむら「!」

まどか「あっ・・・救急車・・・」

ほむら「そうね・・・道を空けないと――」チラッ...

バックミラー【マミ「・・・」スチャッ!】

ほむら「伏せて!!?」グイッ!

まどか「ふぁっ!?」ガクッ!

 ダァァンッ! ガシャァァァン!

まどか「きゃあ!?」ビクッ!

ほむら「そのまま伏せていて!」

まどか「う、うん・・・!」

 ダァァンッ!ダァァンッ! ガシャン!パリンッ!

まどか「ひぃぃぃぃ・・・!」ビクビク...

ほむら「くっ・・・!」

 

まどか「なんなのあの人・・・っ!ほ、ホントに人間じゃないの!?」

ほむら「あれはマーミネーター!未来の殺戮マシーンよ!」

まどか「マーミ・・・ネーター・・・?」

ほむら「サイバーインキュベイトシステムズ!モデルT-62170型!」

まどか「殺戮マシーンって・・・機械なの!?」

ほむら「ええ!生きた化けの皮を被った怪物よ!」

まどか「どういうこと・・・機械って・・・!で、でも血だって流してたし、髪の毛だって生えてたよ!?」

ほむら「それが化けの皮っ!生きた細胞組織で超合金の骨格を覆って隠しているの!」

まどか「えぇ・・・」

  ダァァン!ダァァンッ! パリンッ!カンッ!

まどか「ひっ!?」ビクッ!

ほむら「っ・・・!」

 

 


ほむら「・・・ハンドル握って!」

まどか「うぇっ!?わ、私免許持ってないし、運転とかしたことないよぉ!」オロオロ

ほむら「いいから!早く!!」

まどか「はうぅぅ・・・事故っても知らないもんっ!!」グッ...

  ダァァンッ!ダァァンッ!ダァァンッ! バスッ!ガシャァンッ!

ほむら「くっ・・・!」ドキュゥン!

  ビシッ!ブシュゥゥゥゥ…

マミ「・・・」ダンッダァァンッ!

  シュゥンッ…!ヒュゥンッ…!

ほむら「っ・・・!?」ビシュッ!...ドキュゥン!

 ビシッ!ブシュゥゥゥ… ギギギギギギ.....! 

マミ「!」スリップ...

ほむら「ふぅ・・・もういいわ。今度はしっかりつかまって」アクセル...

  ブォォォォォォォォォォォォォォォ!

まどか「どうなったの・・・?」

ほむら「タイヤをパンクさせたの。もうあの車では追いついて来れない。けど・・・」

 

 

まどか「けど・・・?」

ほむら「・・・あいつはまた必ずやってくるわ。あなたを殺すためなら何度でも」

まどか「そ、そんな・・・私、何もしてないのに・・・」ジワッ...

ほむら「これからするのよ。あなたは世界を救うの・・・」

まどか「えぇ・・・?」ウルウル...

ほむら「・・・」タラー...

まどか「・・・!」

まどか「血・・・出てるよ・・・?」

ほむら「かすり傷・・・平気よ」

まどか「でも・・・」

 

(了)

[←いにしえのSS保管庫に戻る]